教師の転職は5つの流れで

 ただ“先生になりたい”と思っているだけでは採用試験の熾烈な競争を勝つことは難しいでしょう。少子化で採用数が減っている上に、教師になりたい人は日頃から努力を惜しまない傾向もあります。日頃からものを教える仕事に就いて経験値を増やしましょう。

 

どういう先生になりたいのか?

 

 公立の学校の先生になりたいのか?!民間の学校のインストラクターか?!塾予備校の先生か?!そういう就職先によっても対策は違ってきます。自分の教職に関する資格や免許も確認する必要があります。

 

先生になるための求人

 

 公立・私立の学校なら臨時採用や非常勤講師などの募集がよく市報や新聞に掲載されています。予備校やスクールであれば、転職サイトやハローワークなどでも「教師・講師」で検索すればヒットするでしょう。

 

応募書類を作成しよう

 

 “教師になりたいと自分が考えているのはなぜなのか?”これをうまく説明することが求められます。ただ“子供が好きだから”“〇〇が好きだから”という回答ではかなり不十分であることに注意。教育に対する燃えるような情熱を示しましょう。

 

面接を突破しよう

 

 いわゆる教師らしい風貌とはどういう外見か?!自分なりに考えて、身だしなみに気をつかいたいところです。自分に子供に対する指導力や人間的魅力があることをアピールすることが求められます。それから子ども好きであることをアピールすべきです。

 

いよいよ憧れの教職に就く!

 

 夢にしていた先生になれて嬉しい!・・・という気持ちはわかりますが、いきなり授業をすることを求められることも。授業をする前にはその授業時間の倍くらいの予習が求められる職業です。分かりやすさを心がけましょう。