人事部長に教えてもらった転職の面接で気をつけたいこと

転職をする時には、まだ若いうちは元気ややる気をPRするだけでも十分かもしれませんが、だんだん年をとってくると、実際に自分がやってきた成果などを事細かにPRをしなくてはならないケースも出てきます。

 

「どこどこのプロジェクトで何人を使って、いくら位の受注額のプロジェクトを何件実施しました」などと、自分の過去の栄光を紹介していくわけですが、そういう過去の実績をPRする際には一つだけ気をつけておいた方が良いことがあります。

それは、あまり過去の栄光の数字ばかりをひけらかさないという事です。

 

私の友人が中企業で人事部長をしているのですが、彼曰く面接の時に重視をしているのは、実績でなくて「なぜその実績を作れたのか」を分析できているかという事だそうです。

 

確かに実績なんて、脚色しようと思えば脚色できますから、面接する側からするとあまり興味はないかもしれませんね。

 

 

【お役立ち情報】
http://xn--it-ub3c18y9s0akzd.biz/
IT営業の求人が多い求人サイトの特徴とクチコミを公開してある。

 

30歳転職|実際の利用者に人気の求人サイト口コミランキング
30歳からの転職情報を見るならココ

 

それよりも、どんな話にしても冷静に色んな事を分析できる人の方が戦力になるような気はします。

 

私もこの話を聞いて、少し目が覚めたような気がしました。

 

私も二回目の転職活動中ですが、この意見を参考にしたいと思っています。