教師転職|利用者がおすすめする求人サイトランキング

ご訪問ありがとうございます。当サイトは学習塾・予備校への転職を考える教師の皆様に有益な情報を掲載しています。ぜひ転職活動のバイブルとしてご活用ください。

 少子化で子どもの数は減っています。しかし聖域である教育費を削ることは将来への投資を減らすことであり、どんなに不況であっても学習塾や予備校が連鎖的に倒産することはないでしょう。ただしこの業界は競争も激しいですから経営が安定した教室で指導したいもの。地域によって評判も変わってくるでしょうから、きちんと見極めて転職しましょう。

 教師の求人はネット上の求人情報サイトでも探すことができます。各サイトで求人を出す教室が違ってくるのでいくつか登録することをお勧めします。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
 毎週水曜日に新着求人が更新される「リクナビNEXT」は経験者対象の転職サイトです。ネット上で24時間いつでも全ての求人の閲覧ができます。全国展開しているような学習塾・予備校教師の求人も数多く取り揃えているので地方で教師の職を探すことも可能です。履歴書は1度書けば複数の求人で利用できるので忙しい方にも大変便利です。

リクルートエージェント
詳細
★★★★
 求人サービス業界にて求人件数ナンバー1を誇る「リクルートエージェント」には、専任のキャリアアドバイザーが常駐しています。面接に有利な履歴書の書き方の指導なども行われていますが登録はもちろん無料です。教育界からの求人数はそれほど多くありませんが某大手予備校の求人はリクルートエージェントを通して行われています。

転職したい教師の方必見!おすすめナビ


 ただ“先生になりたい”と思っているだけでは採用試験の熾烈な競争を勝つことは難しいでしょう。少子化で採用数が減っている上に、教師になりたい人は日頃から努力を惜しまない傾向もあります。日頃からものを教える仕事に就いて経験値を増やしましょう。

 

どういう先生になりたいのか?

 

 公立の学校の先生になりたいのか?!民間の学校のインストラクターか?!塾予備校の先生か?!そういう就職先によっても対策は違ってきます。自分の教職に関する資格や免許も確認する必要があります。

 

先生になるための求人

 

 公立・私立の学校なら臨時採用や非常勤講師などの募集がよく市報や新聞に掲載されています。予備校やスクールであれば、転職サイトやハローワークなどでも「教師・講師」で検索すればヒットするでしょう。

 

応募書類を作成しよう

 

 “教師になりたいと自分が考えているのはなぜなのか?”これをうまく説明することが求められます。ただ“子供が好きだから”“〇〇が好きだから”という回答ではかなり不十分であることに注意。教育に対する燃えるような情熱を示しましょう。

 

面接を突破しよう

 

 いわゆる教師らしい風貌とはどういう外見か?!自分なりに考えて、身だしなみに気をつかいたいところです。自分に子供に対する指導力や人間的魅力があることをアピールすることが求められます。それから子ども好きであることをアピールすべきです。

 

いよいよ憧れの教職に就く!

 

 夢にしていた先生になれて嬉しい!・・・という気持ちはわかりますが、いきなり授業をすることを求められることも。授業をする前にはその授業時間の倍くらいの予習が求められる職業です。分かりやすさを心がけましょう。

続きを読む≫ 2015/08/17 11:35:17

30歳女性
フランチャイズ英会話講師
大学、高校に出向するフリーの英語講師
リクナビNEXT

 

 

 

 フランチャイズの英会話講師をしていました。生徒数によります。またロイヤリティを会社に払う必要がありました。

 

 生徒募集活動をしてもなかなか生徒が増えず、1年目は月の給料が5千円だったと思います。生徒数が2人だったので。何年間か頑張りましたが、生活も苦しくなるばかりでやめました。

 

男女にかかわりなく、ハードな仕事になりますが、それでも大丈夫ですか?

回答例1

 はい、大丈夫です。

 

 男性であろうと女性であろうと、同じ職場で働き同じ賃金を貰っているわけですから、性別を言い訳に簡単な仕事を貰おうと思うのは、烏滸がましいと私は考えます。

 

 学生時代にアルバイトで務めていたスーパーでは、男性も女性も同じように重い荷物を品出しするという業務を行っていました。私はそれを当然だと感じます。

 

 女性だからといって重い荷物を運ばない、ただレジを打っているだけというのはやはり不公平です。同じく賃金を貰う以上、同じようにハードな仕事をこなすことは当然といえます。

 

 男性でもハードだと考える仕事も自ら率先してこなしていきたいと、私は考えています。それでこそ、仕事にやりがいを感じますし、男女平等な職場であると感じます。

28歳|女性

 

人間関係において大切にしていることは何ですか?

回答例1

 人との関係に置いて大切にしていることは「ホウレンソウ」です。

 

 「ホウ」は報告、「レン」は連絡、「ソウ」は相談です。社会においても、友達との間においても、この3つをしっかりしておけばトラブルというトラブルは回避できると思います。 

 

 働いている時に見かけましたが、一人でなんでも解決する人がいます。人に甘えず、自分で道を切り開いていくと言う気持ちも確かに大切です。

 

 でも、自分で解決しようとする一方で、このホウレンソウをすることは別に甘えではないと思うのです。

 

 このホウレンソウをしておけば、上司や仲間は、この人の状態を知っておけるし、何かあった時にすぐに対処できると思います。

 

 ホウレンソウは信頼関係を構築するのに、とても重要な要素だと私は考えています。

26歳|男性

 

23歳男性
教員
福祉支援専門員
リクナビNEXT

 

 

 教員として仕事をしていましたが、臨時的採用で定年まで安定して働ける環境ではなかったことと、毎日4時間の残業で家に帰っても仕事、休日は部活と自分の時間がなかなかとれなかったので、転職を考えるようになりました。

 

 

27歳女性
事務
塾講師
リクナビNEXT

 

 

 

 転職活動は、そんなにスムーズにはいかないと思ったため、また、現状よりスキルアップした状態でないと現在より良い仕事にありつけないと判断したため、退職前に少しずつ資格試験の勉強をしたり、様々な業種の情報収集に努めました。

 

 そうすることで、退職後の「焦る」時間やプレッシャーを軽減できたと思います。

 

 また、前職で「この人は使えないと思われて辞めた」や、「入社後すぐにやめた」などと思われないよう最低三年は働き、前職を武器にすることができるように、得られるスキルや実績をくまなく得ておくこと、にも力を入れました。

 

 

 

28歳女性
小学校教師
塾講師
無し

 

 

 私は、大学卒業後、教員採用試験に合格し、地元の公立小学校で教員をしていました。子供達はとても可愛くやりがいもとてもありました。

 

 ですが、教員となって5年がすぎた頃から、最近の子供達を取り巻く状況から学校以外の場から子供達をサポートしたいと思うようになりました。

 

 学校では子供達を守ってあげることができますが、最近の子供達は共働き世帯が増えて事もあり放課後習い事や塾で忙しい子供が多いです。

 

 そのような子供達に勉強だけでなく人生の様々なことを伝えてあげたいと考えました。

 

私が最初に就職したのが18歳で、その後一度転職をしたのちに結婚退職で辞めてから妊娠出産を経て、再度私も働かなければならなくなり家から自転車で20分くらいのところの建築設計会社に勤めることになりました。

私は、いわゆるブラック企業に、転職した事があります。

 

それは、小さな法律関連の事務所でした。弁護士の先生が一人、アシスタントの女性が私含めて3人ほどの、こじんまりとした事務所です。

転職をする時には、まだ若いうちは元気ややる気をPRするだけでも十分かもしれませんが、だんだん年をとってくると、実際に自分がやってきた成果などを事細かにPRをしなくてはならないケースも出てきます。

 

「どこどこのプロジェクトで何人を使って、いくら位の受注額のプロジェクトを何件実施しました」などと、自分の過去の栄光を紹介していくわけですが、そういう過去の実績をPRする際には一つだけ気をつけておいた方が良いことがあります。